腹水,胸水の漢方治療-腹水,胸水の溜まる原因と症状について

胸水とは

0631cd16.jpg

胸水とは、胸腔内に溜まった水分のことをいいます。胸部には「胸腔」と呼ばれている胸膜で囲まれた空間があり通常でも少量の胸水が溜まっています。この液体は、肺の外側を覆い、胸腔を潤滑し、呼吸を容易にしている膜をコーティングする働きがあります。
(※腹水は腹腔内に水分が貯留した状態です。)

胸水は胸膜から少しずつ出てきて、再び胸膜から吸収され、通常は一定の量を保っています。ところが何らかの原因で、生じる胸水よりも吸収される胸水の方が少なくなるという状況になると徐々に胸水量は増えてきます。

胸水の貯留は、肺、胃腸を強く圧迫します。 排尿と排便が止まり呼吸が困難になり体力、免疫を低下させ続けます。癌、肝硬変、腎臓病も怖いのですが、それ以上に、腹水の方が、余命に直結すると言われていますので、最優先して早急に対処する必要があります。胸水さえコントロールできれば、延命の可能性もあると長年の経験から私は考えています。

胸水の発症原因について

kanshougai.jpg

胸水は、癌、癌性腹膜炎(腹膜播種)、癌性胸膜炎(胸膜播種)肝硬変、心不全、ネフローゼ症候群、婦人疾患、胸膜疾患、栄養失調などから発症します。その中でも、肝硬変から発症する患者様が殆どです。

胸水の症状ついて

胸部の張り・胸部の痛み・胸痛・咳・血痰・息切れ・食欲不振・胃の不快感(ムカムカ、嘔吐など)・下痢・便秘・排尿異常・浮腫・倦怠感・腰痛・足先の冷え・脱水症状など

※腹水も胸水同様、上記のような原因や症状により発症します。

腹水・癌についてはこちらをご覧ください。


西洋医学での胸水治療


薬を飲む.jpg

利尿剤

貯留している水分を強制的に尿として排出することで、胸水の減少を図ります。
利尿剤投与の初期では、非常に排尿も促進されますので効果が期待できます。
ただし、長期にわたる連用により効果は減弱し始めます。
長期間の投与により「腎機能の低下」を生じますので必要最小量の投与での効果維持を図ることが望まれます。

アルブミン製剤

アルブミン製剤は非常に高価(人由来の製剤なのでいわゆる)であり、その為保険適応内でも使用を制限される。
アルブミン製剤は血中のアルブミンが低いから点滴で流し込んで数値を上げるためのものですが、あくまでも対症療法的な処置でしかない。私たちの提案は、肝臓の機能や栄養状態を高めて、自分の力でアルブミンを増やしやすい環境に整えていくお手伝いを行う。

胸腔ドレナージ

胸腔ドレナージとは、胸腔内にチェストチューブ(胸腔ドレーン)を挿入し、胸腔に貯留した空気や液体を排出する医療処置である。胸水・気胸・血胸・膿胸などの治療として行われる。また、チューブから薬液を注入し、胸水や気胸の再発を防ぐ目的(胸膜癒着術)で用いられることもある。

チェストドレーン(胸腔ドレーン)挿入後は、肺の虚脱防止と再拡張、排出した空気や液体の逆流防止、胸腔内の陰圧保持などの目的で、持続吸引が行われる。


西洋的、東洋的な腹水、胸水の発症原因

腹水・胸水の原因は、大きく2つ分けられます。

ダウンロード.jpg

「アルブミンの減少」

肝炎の進行で肝硬変になると肝臓の繊維化が進み、肝臓の働きである【蛋白の代謝】というものが一気に低下してしまう。通常、血液中にはアルブミンなどの蛋白質が一定量じゃないといけないが、肝硬変などにより肝臓の働きである「蛋白合成能」が低下してしまうと結果血中の蛋白量(主にアルブミン)が減ってしまう。

では血中のアルブミンが減ってしまうとどうなるのか・・・?
アルブミンには「水分を保持し、血液を正常に循環させるために浸透圧の維持」という働きがございます。ですからアルブミンの量が一定量より減ってしまうことで水分を支える力も低下してしまい、浸透圧のバランスも崩れ、もともと血管内にあった水分が血管の外へと漏れ出してしまいます。この漏れ出した物が「胸水」となる。

「体内で起こる炎症」

癌性腹膜炎(腹膜播種)癌性胸膜炎(胸膜播種)などにより胸膜に炎症が生じる場合、腫瘍表面から滲出した液が胸水となる。また、胸膜レベルでの水分調節に異常をきたし胸水を増加させてしまう。

↓     ↓     ↓     ↓

腹水・胸水貯留の直接的な原因は、おおむね以下の5点に分かれます。

体内炎症による胸膜の浸透圧異常
肝機能低下による血流・エネルギー代謝の低下
肝機能低下によるアルブミン低下
肝硬変に伴う腎機能低下による水分代謝障害
心機能低下に伴う全身の血流量低下


東洋医学では主に上記の原因で胸水の貯留が起こると考えられています。

漢方と温熱による腹水・胸水対策


血流向上を図る
血流の悪化を改善する対策

胃癌・大腸癌・膵臓癌・卵巣癌などによる腹膜播種や肝硬変・ 肝臓癌によって生じる腹水では、ほぼ100%『血流の悪化』が生じています。肝臓や腎臓などの臓器内血流の悪化が過度に進んでいることと、 身体全体(特に足・腹部)の血流が悪化することで、水の停滞が進みます。その結果、胸水だけでなく腹水や、足全体までもがパンパンに浮腫みます。

アルブミンを増加させる
溜まっている水が血管内に戻るための対策です。
ここで重要になるのが「血中アルブミンの増加」です。
アルブミンの役割は、血管外水分を血管内に引込むことです。
腹水・胸水貯留が始まっている方は、アルブミン値が低いため水が溜まります。

炎症を抑える
血流を悪化させる「炎症」が問題になります。
肝硬変も癌も部分的に炎症が存在していますので、
これを抑えることが「胸水排出」のための環境設定のひとつにもなります。
※血液検査でCRPが異常に高い場合は、温熱療法は控えた方がよい場合があります。
しかし炎症が進むことと腹水貯留を天秤にかけなければならない状況も考えられます。

腎臓機能の悪化を防ぐ対策
腹水、胸水が溜まっている癌や肝硬変の方々は、本来、腎臓機能は正常です。
ただし、長期にわたる「利尿剤の服用」や「抗癌剤治療」などで腎臓機能までもが悪化しているケースが多いのです。
腎臓は、『水を排除する際の最後の出口』のような場所です。
炎症が治まり、血流が改善し、アルブミンが増えたとしても、腎臓が悪い状態ならば腹水は排出できません。
胸水を改善するためには、徹底的に腎臓を守り続けなければなりません。

水の流れ~排出を向上させる
身体全体の「水の流れ」を向上させ「水の排出」を促進するための対策です。胃腸から吸収された水分が、最終的には腎臓に運ばれ「尿」として排出されるまでの流れを整えます。
漢方医学では五臓六腑の中の『脾』『肺』『腎』の三臓が水の流れをコントロールしていると考えられていますので、これら三臓の機能を高める漢方薬を用い、 水の停滞を改善し、腹水・胸水排出へと向かわせます。

1920_1080_20091117092829164306.jpg

この対策法は“余分な水を排出させる対策”だけをしているわけではありません。
血流向上や炎症コントロールもしていきますので、結果、「水が溜まらない対策」にも繋がります。
腹水・胸水が溜まると、ついつい「腹水・胸水を出す」ことを考えてしまがちですが、
一時的には楽になっても根本対策にはなりません。

温熱と漢方による対策では、“腹水・胸水を出す”と同時に“腹水・胸水を溜めない”

ここに重点を置いています。

腹水・胸水貯留の際の対策法と注意事項

1.血液検査を確認する

(※癌、胸水患者様は、血液検査で特に注意する項目として下記の6項目の数値
です。)
ALB(アルブミン) 正常値 3.8~4.0

血液中の蛋白量(栄養状態)を示す数値です。
アルブミンとは、 肝臓で合成され血液中に流し込まれ、本来、血液中に一定量に保たれている蛋白質の一種です。アルブミンは、血管内の水分の調整や浸透圧に大きく関係しており、アルブミンが減少することにより、うまく水分調整ができなくな胸水貯留や浮腫などの症状を発症します。

CRP(C反応性蛋白) 正常値 0.3未満

体内の炎症状態示す数値です。
癌(腫瘍)、胸水の進行などによって高くなる数値ですが、その他にも、風邪、肺炎、リウマチなどでも高値を示すこともあります。癌の中では、癌性腹膜炎、腹膜播種などの場合、他のガンに比べ数値が高く現れます。

CHE(コリンエステラーゼ) 正常値 200~440

肝臓全体の栄養状態を示す数値です。
その他にも、肝 臓での蛋白合成能力などを確認できます。コリンエステラーゼが低下すると結果、肝臓での蛋白合成能力も低下するため結果、アルブミンが減少してしまい胸水が溜まりやすい環境ができてしまいます。CHEは、肝臓内の炎症、栄養状態の悪化に伴い数値が低下していきます。

CRE(クレアチニン) 正常値 0.4~1.1

腎機能が低下し、腎臓での濾過能力が低下した結果上昇する数値です。
利尿剤の長期の服用により上昇します。CREび数値が高くなれば、浮腫や、排尿障害などが起こります。

RBC(赤血球) 正常値 男性440~550 女性380~500

癌の進行、抗がん剤の副作用、栄養失調により赤血球は減少します。血液は、各臓器に栄養素や酸素を運ぶ重要な役割 を行っています。赤血球の数値が減少すれば、各臓器の機能低下などが起こります。

LYMPH(リンパ球)正常値 18%~30%

免疫細胞の1種です。数多くある免疫の中でも、このリンパ球は癌細胞と戦うために最も必要な数値です。リンパ球も、赤血球と一緒で、癌、抗がん剤、栄養失調、炎症などで数値が低下していきます。



2.食生活について

140818_ooshima_0815_480_360.jpg

癌、腹水・胸水患者様の食生活につきましては、基本、和食中心が理想です。和食にはバランスよく栄養素が含まれており、健康を保つために欠かせない食べ物と言われています。ただ、食べ物に ついては、あれもダメ、これもダメと言えばキリがありませんし、場合によっては患者様に強いストレスを与えてしまいます。ストレスは、病気を悪化させる一番の原因です。たまには患者様が食べたいものを食べさせてあげることも重要です。

3.水分摂取

144707c86d4f2243af5b21a12274c0a6.jpg

腹水・胸水患者様の水分摂取につきましては、基本、1日の排尿量が500CC以上出ているのであれば積極的に水分をとってください。基本、新しい水分を体内に取り入れることで、古い水分が排出されます。水分は摂れば溜まるのではなく、摂らないから溜まっている患者さんも数多くいらっしゃいます。

ただし、冷たい水分は要注意です。また、水分と言っても、お水やお茶に限ります。その他のものは含まれません。利尿剤を服用しても、1日の排尿量が500CC未 満の際は水分摂取は控えるようにされてください。



4.漢方で腹水・胸水が発症する根本の原因から対策を行う

masuda_vol32_2-350x364.jpg

腹水や癌の治療として漢方も有効な治療法の1つのです。漢方は病院薬とは異なり「対症療法(一時的な緩和治療)」ではございません。漢方は病気(腹水・胸水など)が発症する根本の原因を捉え、大元から治療対策を行うことができます。

よく、漢方は効果が出るまでに時間がかかるのでは!?ということを耳にしますが、けしてそのようなことはありません。もちろん、個人差はありますが、即効性のある漢方や、副作用が少なく安全性が高い漢方、病院の治療と併用し相乗効果を高める漢方など効果や種類も様々です。

漢方は使い方や飲み方次第では良い体感を得られる患者様も少なくありません。

漢方を服用される際は、患者様に合ったものを服用できれば効果や確率もあがるのではないでしょうか。

基本的に漢方薬は、病院の治療と併用ができます。また、病院での治療やお薬での副作用の軽減の働きがあります。(※病院で漢方薬を処方される場合もございますので、その際は飲み合わせがありますので医師や薬剤師など知識を持った方にお尋ねしてください)

今回ご紹介させていただく漢方は「高麗人参」「田七人参」になります。


高麗人参(こうらいにんじん)

数千年の歴史のある高麗人参ですが、あまりに多くの情報がありすぎて高麗人参の効果の良さが伝わっていません。高麗人参の働きとして癌と闘うために重要な免疫力の向上させる力は非常に期待ができます。その免疫の中でも重要になってくるのが白血球の1種類であるナチュラルキラー細胞です。ナチュラルキラー細胞は体内に異常なウイルスや細胞が発生した場合、すぐさま駆けつけて破壊してくれる働きがあります。

その為、癌の発生の抑制や進行、転移の抑制になります。しかし、癌の治療のため「手術」や「抗がん剤」をすることでナチュラルキラー細胞の働きが低下してしまいます。(その他にも低下する原因はストレスや食生活などもあります)そのような治療を行う前に高麗人参を服用されている事でナチュラルキラー細胞の働きの低下抑制の働きもあります。また、治療後の体の状態が非常に良く辛い状態が軽減される方も中にはいらっしゃいます。

また、ガンによって起こる、貧血や体力低下、食欲不振、倦怠感などの緩和にも有効です。さらに癌治療の「手術」「抗がん剤」「放射線」などによる胃、肝臓、大腸、骨髄の負担を軽減してくれ、機能の回復の対策にもなります。


商品参考ページ

高品質 高麗人参の詳細
(濃縮タイプで吸収率が良く、高品質六年根高麗人参)

東洋医学によるがん治療
(癌の際よく処方される漢方薬の纏め)


田七人参(でんひちにんじん)

田七人参は特有の効能を持つため、中国では昔から非常に希少価値があるものと考えられているものです。特に田七人参の働きとしては、人間の健康にとって重要な部分である「血液の質」や「血液の流れ」と整えてくれるものになります。癌患者様の場合、今までの治療により血液の質や血流が低下していることが考えられます。血液の働きとしては栄養や酸素を各臓器や細胞に運んでくれる働きがあります。

その為、血液の質や流れが低下することで各臓器や細胞に栄養や酸素が届けられずに、各臓器の機能の低下や体の栄養状態の低下の状態になってしまいます。また、抗癌剤の副作用として「痺れ」「麻痺」の症状が出る方もいらっしゃいますが、この症状も血流の低下が考えられます。その他にも血流がよくなることで体温が上がり免疫力が向上されます。その為、田七人参には「各臓器の機能活性」「栄養状態の向上」「免疫力の向上」などの働きがあります。

その他にも田七人参の働きは、癌による非常に辛い炎症(痛み)を軽減させてくれる抗炎症作用。癌の手術後による出血を軽減させてくれる止血作用などの働きもあります。また、「田七人参」は肝炎や肝硬変などや腎臓病や生活習慣病(高血圧、糖尿病、動脈硬化など)の多くの慢性疾患の対策にもなります。


※上記2種類の漢方薬を紹介させていただきましたが、癌の進行状態や体の状態により個人差がございます。

※上記2種類を服用する際は、医師又は薬剤師に確認してください。


田七人参 参考ページ

田七人参 正規品販売店
(世界が認めた高品質田七人参・錠剤タイプで飲みやすい)


腹水、胸水の漢方と温熱の併用対策

基本は病院の治療となりますが、病院の治療のサポートとして漢方と温熱の併用対策もあります。東洋医学では癌や肝硬変、腹水などの疾患は体内・臓器レベルで起こる冷え』『全身の血流障害などが主な原因と考えております。

その中でも血液の流れが停滞することで体内の代謝不良が起こり結果、水分代謝の低下に繋がっていることも考えられます。その為、体内に不要な水分(腹水・胸水)が貯留してしまいます。また、癌、腹水患者は血流障害が原因で体内・臓器レベルに冷えを抱えている患者様が殆どです。

その為、上記の原因を改善するために、漢方で血液の循環を良好し体内の代謝を向上させることが重要です。血流が高まり代謝が向上することにより結果、水分代謝も向上し、体内の余分な水分+毒素が「尿」「便」「汗」として排出されやすくなります。

血流が向上すれば、その他にも栄養素が各臓器にしっかりと運ばれることで、臓器の機能向上や体の栄養状態の向上、免疫力の向上につながり腹水だけでなく癌や肝硬変などの疾患の症状の抑制・軽減に繋がります。しかし、癌や肝硬変を伴う腹水患者様の場合、血液の流れは酷く悪化しています。その為、漢方で血液の循環を改善する漢方を使用しますが、正直に、漢方だけでは弱い場合もございます。

そこで、漢方治療に、温熱を加えることで、さらなる血流向上、水分代謝向上に繋げていきます。
(※漢方と温熱の併用は、体の中からと外からで血流改善を図っていきます。)

ご存知な方も多いと思いますが、温熱は病院でも行われている治療法の1つで、主に癌の対策、抗癌剤や免疫療法、高濃度ビタミンC、マルヤマワクチンなどの効果を高めるために実施されています。大病を抱えられた患者様に注目されている対策法の1つです。

ただ、患者様の中には、病院まで通院できない方、ご自宅で温熱を取り入れたい方は遠赤外線を使い全身を温めてくれる鉱石粉砕加工シート
なども良いでしょう。鉱石粉砕加工シートは、マイルドな温熱効果で全身の血流量を高め、体の隅々まで血液の流れを良好にし、全身を温めていきます。

※ポイント・温熱は一部だけを温めるのではなく、全身を満遍なく温めることで血流・水分代謝の向上に繋がりやすいとされています。

参考にされてください。

文才が無い為わかりにくいとは思いますが、腹水でお悩みの方やそのご家族様に少しでも参考にしていただけたらと思います。


温熱参考ページ

鉱石粉砕加工シート
温熱・遠赤外線効果で全身の血流を高め代謝の向上を促す!)

※↑医療用具ではありませんので、健康促進等の補助目的で御使用下さい。

温熱療法の効果-自宅で行う温熱マット
温熱療法の効果や併用治療などを詳しく解説!)


温熱参考動画
『岩盤浴マットで血流が劇的に変わる!』







♯腹水漢方♯腹水診断♯腹水肝臓♯腹水がん♯腹水温熱♯腹水治療♯腹水鑑別♯腹水色♯腹水肝硬変♯腹水余命♯腹水原因♯腹水婦人科♯腹水たまる♯腹水抜く♯腹水画像♯腹水改善♯腹水川島なお美♯腹水温熱マット♯末期がん芸能人♯末期がん治療♯末期がん温熱♯末期がん漢方♯末期がん癌♯末期がん抗がん剤♯末期がん緩和ケア♯末期がんブログ♯末期がんステージ4♯末期がん闘病生活♯末期がん余命